Intro Page
   
 
       Skip Navigation LinksMain Page > Japanese NLP > GPT2-JLPT TextData  
  
Hi~ Login Please!!
or Register~ ;-)
Login Join Member


Language change
Korean / Japanese / English
IP : 3.236.16.13  --
 
Skip Navigation Links.
 
 
Quick link
 Japanese NLP(인공신경망 자연어처리)  / GPT2-JLPT TextData
   
  < 인공신경망 언어모델 GPT2-JLPT에 기반한 AI 생성 일본어 예시 >
   
 1. GPT2-JLPT_small
  #001 いいこともいっぱいありますよ。たとえば、料理はおいしいし、おいしい。
  #002 その相手が、電話で言った、相手が、電話を掛けた人は、相手の知人だと言っているから、その、あなたに、電話を掛けたのかなと。「今忙しいんですが、家にいますか?」と。この場合、あなたは、あなたの父親の者か、その知人かもわからないのですが、そうだな、電話を掛けた者が、あなたの今電話に出た者だから、あなたの電話を掛けたのか、ということになります。それでしたら、もしわからなかったとして、「今忙しいんですか?」と訊ねると良いのかもしれません。
     
    전문 다운로드 : 클릭
   
 
 2.  GPT2-JLPT_medium
 
  #001 「もう、そんな時間か。そろそろ帰ろう」
  #002 「――というわけで、あたしは『家へ帰れ』と言ったんです」 ======== 「う……ん、ここは……?」目が慣れてきて、私はおぼつかない足取りでなんとか前が見えるようになる。「ああ、ここは私のいた家よ。覚えている?」「……」
     
    전문 다운로드 : 클릭
 
   
 3. GPT2-JLPT_large
 
  #001 「私も子供の頃はそういう気持ちが強かったよ。だから、子どもの自分を大切にしないこと。自分に自信を持って、彼に勝とうとかう努力をして、自分が活躍したいと思うことをやろうと思っていた。だけど、彼は違う。この誇りを持って、自分が活躍できる人になろうと思ったのだ。それだけの楽しみをあえて持っていた。ただそれは、自分を救うことで、誰かを救うことにもあるから、だから彼は努力しない。また、自らの損な精神も、ある程度は人より心に影響を与えるものであった。 「あれなあに?」
  #002 に、「お父さん、お母さん、ありがとう、おだいじに」
     
    전문 다운로드 : 클릭
 
   
Quick link
 Japanese NLP(인공신경망 자연어처리)  / GPT2-JLPT TextData
   
   
 4. GPT2-Japanese_small
  #001 1.6kgの缶缶チューブが入っています。 この缶チューブに水が入っているため、水が入っているのに水が引っかかり、入らないようです。 缶チューブが入っていない缶チューブは、水分が出てしまうといいです。 他の方も仰っていますが、缶チューブだけの水なんて出せますか? また、缶チューブの水分が出てしまっているのでしょうか? ちなみに、缶チューブは水と一緒に出てくるので気になりました。ただ、缶チューブと水だけのものは缶チューブを使用しています。 ご回答よろしくお願いします
  #002 「あー、どうしようかなあ……やっぱり、今日は学校が休みなんだっけ……」放課後、帰り道、一人で歩みを進めていた私。その道中、小さく声と同時に何か大きな音が響いたかと思うと、足元で大きな衝撃音が鳴った。「え……なんで!?」私の身に一体何が起こったと思ったの? 確か、学校が休みの日に、なんらかの理由で家の近くの川で大きな音がしてたはず。なのに、こんなにも音の方向と距離が離れている事から―― 「え!? え!? え!?」私は、いつしかその音が、学校のチャイムにも匹敵するほど大きくなっている事に気が付いた! ――何だ? 何の音だったんだ…… 辺りは静かで、この状況をどう処理すれば良いのか分からない。だけど、何とか気を失っている暇もなく、私は必死に意識を取り戻す作業を行った。「――な、何で私まで今まで居てくれるんですか……」「お、お前、何をしに来たの!? 今の何時から何が起来たの!?」いつの間にか私の姿は何処にもなかった。当然、私の姿を見たのは、今日が初めてなんだけど。私は何故か、周りから見ても異質な存在ではない筈なのに、不思議と恐怖が止まらない。すると突
     
    전문 다운로드 : 클릭
   
 
 5.  GPT2-Japanese_medium
 
  #001 「それで、これからどうするんだよ」「うーん……」彼は悩ましげに唸ると、その左手で顎の下の髪を耳にかけて掻き回す。「……う、うむ……これで、よい」彼は少しためらいもなくそんなことを言う。彼女は思った。『そのままでいいなんて言ってはいけない』と。そして再び彼女は考え込む。「まあ、いい。これでこそオレ様が正しい」「やっぱり、私もそうなってもいいですか?」「ん……ああ、お願いする」そうして、彼女は彼と二人、この城で一人の男女の生活をしていく。ある日、二人を見つけた商人の商人が、「ようこそ『神の館』へ」と二人を出迎える。「ようこそ『神の館』へ」という男は、そう言った男のことを知っているらしい。そして男は言う。『お前がここにいるということは、神は何らかの罰を受けたようだな』と。その罰は、『呪いにかかった』という、簡単なものだった。「――いや、お前も呪いをかけられている? ……いや、そんなはずはないだろう。このオレ様が裁きなど受けずに、誰かの呪いをかけたとでもいうのか?」そのような男の心の声が聞こえて、男は言う。『神を裁くというのは、神ではなくて、その人を裁くということだ
  #002 1月10日 - 2014年6月26日
     
    전문 다운로드 : 클릭
 
   
 6. GPT2-Japanese_large
 
  #001 ご訪問ありがとうございます 老け顔にさよならサロン~ゆったり~のメニューとお申込み ビフォーアフターご感想  人気記事一覧                 ↓  ご機嫌宜い!コチラはコチラ 
  #002 この度の御成り様は、大目に見てあげたいであります」「……」俺はその言葉を聞いた途端、自分の喉を引き絞りだそうと身を縮める。何の覚悟もなくその言葉を受け入れることも出来ず、ただただ口ごもるばかりだった。「それが正しい選択だと思います」「……」「そして、正しい選択が出来たときには、この先に何が起きても、その答えが変わるということもあります。私はその為に、戦えますか?」確かに今までの戦いも、戦いを続ける。ならば、戦う価値も変わる。俺はそう言い切ってみた。そして、目の前に出た言葉はそれだった。「……」「はい。私はこの先の事に関して、今まで通り、戦います」「……」俺がどんな結論を出したのか。その瞬間、俺の手から俺の心臓が引き千切られるように、その手を自分の右手で押さえつけた。だが、そんなことは知らない。「……私は私の道を、歩きます。必ず成り行きをその目で見つけるのです。そうすると、私の命は、失われる。その時は必ず、私と共に戦いましょう」『……』「その通り、です。私が言う命は、その時必ず守りましょう」
     
    전문 다운로드 : 클릭
 
Quick link
 Japanese NLP(인공신경망 자연어처리)  / GPT2-JLPT TextData
 
  
  
All rights reserved by "yuiyu Research(by Yu Young, Kim)" Since 1996.